So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

空気 [合唱]

  今日は合唱団の練習でした。

 まず自分が行動すること。
 これを意識しました。
 すると空気が変わりました。
 リーダーの意識が大切だと実感しました。

 また本番をイメージした練習、この大切さと有効性も実感しました。
 練習といえど、本番のイメージを持つ。
 いや練習だからこそ、本番のイメージを持つ。
 するとまた空気が生まれます。

 無駄なところは見ず、目的にのみ焦点をあてて突き進む。
 そのことがまた空気を生みます。
 空気を作ること。
 リーダーの大切な役割だと思いました。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

まず自分が行動すること [名言]

やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ
山本五十六の名言です。

今の僕にはこの名言が必要に思います。
人に言う前に、まず自分がやる。
その後姿を見せること。
どんどん行動すること。
それが今の自分にあるだろうか。

つべこべ言う前に、まず行動。
子どもたちは、そんな教師の姿をみているのです。
そんなリーダーの姿を見ているのです。

変わるとしたら、まず自分が変わること
変えたいと思うなら、まず自分が行動すること

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング [本]

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2017/08/10
  • メディア: Kindle版

 何度も読み直した本です。

 できるというイメージを強く持つことが何よりも大切。方法は、あとからついてくる。

 著者は、破産し無一文となってしまいました。しかし、ベストセラーになる本を書くという強い思いをもちました。
 どんな本を書こうとか、どんな方法でやろうとか、そういうこともなしに。

とにかくベストセラーを書く。

 そうやって生まれたのが、世界累計2700万部を叩き出した『話を聞かない男、地図が読めない女』です。

 脳をその気にさせてしまうこと
 必ずできる。そう考えることが何よりも大切だということを、この本は具体例を通して教えてくれます。

 心から望んでいることを強く強くイメージすること。
 脳は現実と想像の区別がつきません。
 そのことで現実は突破できるのです。

 そう考えると、つまらないことで悩むことがばからしく思えます。

 常に夢を描き、強く願うこと。
 そのことが、夢を現実に引き寄せるのです。

 この本を何度も読み、今の僕の夢について強くイメージしています。

 合唱団の練習では、夢が実現するイメージが持てるような練習をしています。
 また自分自身の指揮練習も、名指揮者をイメージした練習をします。

 強く願い行動すれば、夢は必ず実現する。

 それを裏打ちしてくれる本です。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

神時間術を実践し、一週間が過ぎました・中間報告 [幸せに生きる]

 一週間前に紹介した本、神時間術から学んだことを実践し、一週間が過ぎました。

神・時間術

神・時間術

  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2017/04/13
  • メディア: Kindle版
   ポイントは睡眠の質を高めること。そのために、以下の4点を実行しました。
①夕食の時間を練習後ではなく、練習前にする。
②朝の運動は必ず行う。
③自己投資をする
④寝る前はブログに専念

 今日はその中間報告をします。

①夕食の時間を練習後ではなく、練習前にする。
 練習のある火・水・木・土は、練習前にホカ弁を食べました。栄養面に心配があるので、ゴマをたっぷりかけ、持参した納豆をかけて食べました。
 ただし寝る前、いつものスペシャルドリンク(ゴマ・プロティン・ヨーグルト・黄粉・豆乳を混ぜたもの)は欠かしていません。

②朝の運動は必ず行う。
 毎朝やり切りました。
ランニング(10km)翌日はランニング(7km)+筋トレの繰り返し
これに腹筋・背筋50×3セットが加わります。
ほぼ毎日90分程度の運動です。

③自己投資をする
 これだけの運動時間すから、オーディオブックはたくさん聞けました。
以下の本を読みました。

神・時間術

神・時間術 (2回目)

  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2017/04/13
  • メディア: Kindle版
読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術

  • 作者: 樺沢紫苑
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

  • 作者: アラン・ピーズ
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2017/08/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • ※いい本でした。この本は、いつか紹介したい。

④寝る前はブログに専念
 見ての通り、一週間のブログ欠かしませんでした。

その結果・・・。
 確かに寝つきは良くなりました。一日を除いて布団に入ると意識がすぐになくなりました。だめだった日は、ホカ弁の焼肉弁当を食べ、もたれがした日です。だから、カロリーを気にしてホカ弁を選ぶようにしました。

朝の運動の結果、以下のように体が変化しました。
11日(月)体重68.4kg 体脂肪9.7%
18日(月)体重67.8kg 体脂肪9.7%

 体重が減ると、体脂肪率が増えるものですが、同じ数値です。ということは、脂肪が燃焼されたということです

 朝、以前に比べさっと起きられるようになりました
それまでは、何度も目覚ましを止め、ずるずると布団の中にいました。しかしこの一週間は、早く起きられ、午前4時から運動までの5時30分までの時間を有効利用できるようになりました。

自己投資の効果
 朝のオーディオブックにより、常に別の視点が僕の中に入り、軽やかな気分でいられるようになりました。知は力なりを実感しています。

集中力
 明らかに集中力が伸びた感があります。それは、朝の仕事時間にけっこう仕事ができるからです。また土日は、朝から午前10時まで仕事をやり切り、あとはフリーな時間が持てるようになりました。

問題点
 ただし、木・金の午後にはぐったりと疲れが出る状態は変わりません。ヘロヘロになります。

 しかしこの新生活を続けていくことで、体力の伸びを期待しています。どう変化していくか。また、報告して行きます。

 この新生活は、自分を変化させてくれているようです。
 特に集中力・頭がすっきりしている感じがあります。

 状況を嘆くのではなく、自分が変わればいい!!

 状況に合わせながら、良循環をつくり、変化成長していきます

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

創立10周年記念!合唱団のバッジをリニューアル [合唱]

  合唱団が創立されて、今年で10年になります。それを記念して、合唱団のバッジをリニューアルしました。

 これは今までのものです。

m_Picture1-41530.jpg

 そしてこれがリニューアルしたもの。

IMG_4875.jpg

 ハートのマークは変わりません。
 これには僕の合唱団への思いがつまっているからです。

 変わったのはバックです。
以前は、ハートから黄色いオーラが出ていました。
リニューアル版は、それが金のオーラとなりバッジ全体に広がっています。このオーラは、しあわせ(HAPPY)です。この思いが子どもたちに広がり、さらに世の中に広がっていくのです。

 子どもたちの歌(MELODY)しあわせ(HAPPY)が広がって欲しいという願いが込められています。以前に比べもっと強くもっと広く輝いて

 このバッジは、左胸につけます。心臓(ハート)のある部分です。このようなハートで歌い、子どもたちの歌声がしあわせを広げるのです。

 下には、HAPPY MELODYというロゴが入っています。
木村拓也がキムタクと略称で呼ばれるように、(古いか笑)、この合唱団もHAPPY MELODYと略称で呼ばれるようになります。それも世界の人たちから

 近づいてよく見ると、
KOMATSU HAPPY MELODY CHILDREN CHORUS
という文字が見えます。

 演奏を聞いたお客さんが・・・
OH、NICE MISIC
HAPPY MELODY!!
 さらに近づいてきて・・・
OH!!KOMATSU HAPPY MELODY CHILDREN CHORUS!!

そう言って、握手を求められる。
海外の演奏会で、そんな光景が起きることが目に浮かびます。

 世界に展開するためのリニューアルです。
 目指せ日本のウィーン!!
 目指せ、世界の合唱団!!

 このバッジをつけた子どもたちがオーストリアの大聖堂で演奏し、拍手喝采を受けます。

 この夢をいつか必ず現実にします。

PS。このリニューアルでは、僕の教え子でデザイナーのre-coderさんにお世話になりました。

 なんとなく、バックの金と赤の色から、加賀百万石も連想します。

 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

やはり合唱はいいものです [合唱]

  今日は合唱団の練習でした。
 下は小学校3年生から上は中学校2年生まで。
 総勢40数名が集まりました。

 やはり合唱はいいものです。

 最初バラバラだった声が、練習を重ねるごとに一つになっていきます。
 それは、形のある材料が煮込んでいくうちに一つになっていくシチューに似ています。

 周りの声を聞きながら歌っていくんだよ。

 すると少しずつ少しずつ角のあった低学年の声が少しずつみんなの声に溶けていきます。
 時々最後の助詞の狭い声が目立ちます。
 そんな時は高学年の声を聞かせます。
 まねして歌ってご覧というと、少しずつ角が取れていきます。
 煮込むごとに角がとれていくカレーの中のにんじんやジャガイモに似ています。

 合唱は、わせると書きます。
 聞きあい、合わせあい、心が一つになると、みんなの声が溶け込んで一つの個性を持った声になります。
 それが合唱のおもしろさ。

 やはり合唱はいいものです。

一所懸命に熱中してやれば、「これで死んでも悔いはない」というものがきっと得られるはずです。そういう境地に至ることができたとしたら、それこそが人生最高の幸せです。三浦雄一郎(冒険家・プロスキーヤー)

 今日はそんな境地です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

Nコン合同チーム [合唱]

  Nコン合同チームの練習をコツコツと行っています。
現任校には合唱団がないため、出場希望の子を昼休みにあつめ練習しています。
ただし委員会やクラスのことが優先ですので、時には1人か2人という場合もあります。
 今日は珍しく6人も集まりました。

 まだ音取りの段階です。
 まだまだ先は長いです。
 でも千里の道も一歩からと言います。
 一歩一歩ゴールに近づいていきます。

 前任校の子どもたちは、「学校で練習させてください」という要望書を書いているようです。

 合唱団のない二校の合同出場!という挑戦がまた始まりました。

  決して恵まれた状況とはいえません。しかし嘆いていても何も生まれません。今与えられた環境で一歩でも前に進むだけです。

  恵まれた学校はたくさんあると思います。でも、恵まれない学校もそれ以上にたくさんあります。

 このような状況での挑戦で、そんなたくさんの子どもたちの希望の星になればと思っています。

 未知への挑戦が、また始まりました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

気配り [合唱]

  今日は、合唱団の団長・副団に、こんな注意をしました。

  もっと下の学年に気配りをしなさい。

  早くから練習に来て待っている小さい子を、ずっと放っておいていたからです。
 一言、声をかけてほしい。
 一言、何かしてほしかった。
 何でもいいから、気をかけてほしかったのです。
 リーダーには、そんな気配りが必要だと思っているからです。

  さて、その後、自分はどうだろう?と思いました。
 子どもたちにちゃんと気を配っているだろうか?
 やって当然だと思っていないだろうか?
 団長副団に言った注意は、自分自身にも言えることだと思いました。

  やって当然。
 がんばっていても知らん顔。
 それでは、下の人間はやる気がでません。

  がんばっていることをきちんと見ること
 声をかけること。
 そんな気配りが自分にも必要だと感じました。
 がんばっている人をきちんと見られる広い目を持ちたい。
 声をかけられる広い心を持ちたい。

  広く気持ちを配れること。それが気配りです。
 これからは、広く子どもたちをみて、がんばっている子どもたちに声をかけていきます!!

 今日の練習で思ったことです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

自己投資の時間、読書 [幸せに生きる]

 睡眠の充実のために、朝の運動時間を延ばしました。
結果、オーディオブックを聞くという自己投資の時間が増えました。

この2日でこの本を読みました。
読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術

  • 作者: 樺沢紫苑
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

この中で心にのこったことを書きます。

自分の体験だけでは、目の前の世界の中で人生を終える。
 だから読書によって違う視点を得ることが大切。
 読書によって、人生が変わることがあります。
 僕自身がそうです。僕は坪口純朗先生のこの本を読み、人生がガラリと変わりました。


ズバリ、読んだらアウトプットする。
 そのことで、読んだ本のことが記憶に残る。
 本を読んだとしても、忘れてしまっては、時間の無駄というものです。アウトプットすることが大切だと書かれていました。だから今僕もアウトプットしているのです。

成長していくために、読書は重要なツールになる。
 読んで、いいこと書いてあったなあと思うだけでなく。アウトプットする。さらに学んだことを自分の行動に取り入れていくことが大切だと思います。そのことで成長していけます。

 常に学び続けることが大切だと感じました。そのことで変化成長していきます。そのための読書。それはただ知識を増やすだけの読書ではなく、自分自身を成長させる読書です。いいと思ったことは、どんどん自分の中に取り入れていきます。

 昨年数えてみると、年間60冊の本を読んでいました。その中には、何度も繰り返し読んだ本もあります。あの忙しい中でよく読んだなあと思います。でも、忙しいから読めたのかもしれません
 成長のきっかけになったなあと思う本もあります。

 だからいこれからも朝の運動と同時に行われる自己投資の時間を大切にしていきます。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

本から学んだことを即実践 [幸せに生きる]

 一昨日紹介した本、神時間術から学んだことを実践しています。
  ポイントは睡眠の質を高めること。そのために、

 夕食の時間を練習後ではなく、練習前にする。
 さっそく実践です。
 仕事帰り、ホカ弁で買った焼肉弁当。
 それにゴマをたっぷりかけ、持参した納豆をかけて食べました。
IMG_4864.jpg

 これは僕の車の中です。
 軽キャンピングカーですので、テーブルもあり便利です。
 緑の見える中、ゆったりと食べたいところですが、練習が待っています。かきこむように食べました。

朝の運動は必ず行う。
朝のランニング。
昨日は10km。今日は7km+筋トレを断行しました。

自己投資をする
 ランニングの際には、オーディオブックを聞き、自己投資です。
二日間で、一冊のオーディオブックを聞けました。この本については、いずれ記事にします。これだけの運動量だと、じっくりと自己投資ができます。

寝る前はブログに専念
今、風呂からあがり、このブログを書いています。既に夕食は食べ終わっているので、早く寝られそうです。

 これを続け、金曜日にどうなるかです。
 本でいいと思ったことは、即実践です。
 うまくいけばしめたもの。
 うまくいかなくても、学びが残ります。
 成長の良循環を作っていきます

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -