So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング [本]

  今日はこのオーディオブックを繰り返し聞いていました。

いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング [ 飯山晄朗 ]

内容紹介

2014年夏の石川県大会決勝。
0対8という圧倒的ビハインドで迎えた最終回で、球史に残る大逆転劇が生まれた!
苦境に負けない強い心をつくったメンタルトレーニングの秘密とは?

この記憶、鮮明です。そのとき、この人のメンタルトレーニングが関係していたとは・・・。

最近、子どもたちが少しずつ変わってきたように思います。
やる気を出すよう檄をとばしたつもりが、それでやる気をなくしたり、逃げていったり。
強いプレッシャーに、弱くなったような感じがあります。

授業でも、合唱団でも、指導方法を変えていく必要を感じていました。

本の紹介より

「なぜできないんだ?」ではなく「なにが原因だ?」と聞く
「気合いを入れろ! 」ではなく「笑顔で行こう! 」と言う
「反省しろ」ではなく「気持ちを切り替えろ」と言う
 などなど、今日から使える「さとり世代の動かし方」が満載!

参考になったことが多々ありました。

「やらなきゃどうなる」ではなく「やったらどうなる」を伝える。
肯定形でいく。

欠点ばかりの指摘では萎縮してしまう。
 こちらは、良くしようと思い、できていない点ばかりをいいます。すると、だんだん歌も小さくなっていきます。だから、いい点をどんどん言うように意識していく必要があります。これは自分に当てはめてみるとそうです。欠点ばかりの指摘では、いやになってしまいます。得意なことを伸ばしてこそ、苦手なところもやろうという気になるものです。

練習に身が入っていない子には、しかるのではなく、「不安そうだな」と思いやる。
 これは、最近特に意識していることです。
 あまり一生懸命歌っていない子には、「体の調子、大丈夫?」と声をかけるようにしています。すると、大丈夫と言って、歌ってくれます。
 これは、テクニックとしてこう言っているのではなく、本当に体調が悪い場合があることがわかったからです。あるいは、その日、精神的に歌う状態じゃないお子さんもいます。
だから、「だいじょうぶ?無理しないでいいよ。」とそっと声をかけるようにしています。「しっかりやれ」という前に、調子をうかがう。
(表情から感じとったことを素直に伝えると、気にかけてくれている、
わかってくれている、と子どもは感じてホンネを話してくれるようになる)

プレッシャーでこわばっている子どもを「頑張れよ」と励ますのではなく「君ならできる」と信じて支える。

 特に重要なポストについた子どもたちは、プレッシャーでがちがちです。そんな子に頑張れでは、もっとがちがちになります。だから、「君ならできる」と信じ、支えていく。
失敗しても、責めるのではなく、次にどうしたらいい?と一緒に考えていく。

子供が迷っていたら、「どちらが成長するか、考えてみて」とアドバイスする。
 「指導者は子どもたちを成長させることを一番に考えていく」ことが大切だということを学びました。失敗しても、それを成長につなげていく。あらゆることが成長の糧になります。

まだまだ参考になることがたくさんありました。
 自分のことに置き換えてみると、気持ちのよい対応ばかりです。自分のことを信じてもらえ、長所を認め、成長を応援してくれる、そんな指導者についていきたいと思います。

 自分は、そんな指導ができる人間に成長していきます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱団という集団の成長 [合唱]

  今日、合唱練習がありました。
 アンサンブルコンテストに出る子どもたちは、お弁当を食べて、午後練もあります。

 お昼休みはお弁当を食べる時間を含めて1時間です。
 そこで驚いたことがあります。

 6年生が「先生練習していいですか?」と聞いてきます。
 いいですよ。というと、その子たちお弁当もそこそこに、練習を始めるではありませんか。

 さて、ちょっと用事があり、練習場から外に出ました。用事をすませ、もどろうとすると、建物の中から、別の歌声が聞こえます。
 部屋に入ってビックリ。5年生以下のこどもたちも自主練をしているではありませんか。
 とても難しいアカペラの曲です。そこそこ歌えているのです。

 本当に、なんだかうれしかったです。
 合唱団を始めた当初は、休憩時間をしょっちゅうとっていました。
 1時間練習したら、10分、15分はあったなあ。子どもたちはその間、走り回っていました。(それはそれで大切なことだと思っています)

 しかし今は、休み時間にも自主練をしています。
 大会が近いからかもしれません。でも、その成長がうれしかったです。

 合唱を通して、子どもたちはいろんな成長を見せます。
 と同時に、合唱団という集団も成長していくんですね。

 今日もみんな顔晴りました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

高校の合唱部を見学させてもらいました [合唱]

今日は、高校の合唱部を見学させてもらいました。
小中の声は生で聞く機会があります。でも、高校生の声を生で聞くことは、あまりなかったからです。

行ってみて、良かったです。
今は、アンサンブルコンテストの練習の最中でした。
少人数の歌声なので、一人ひとりの声がよくわかりました。
顧問の先生は、7チームを見ると言います。
それもピアノ一つで指導されています。
若いのにすごいなあと思いました。
また、子音や発声、お腹の支えなど、押さえる事はしっかりとおさえていました。

曲はアカペラで難しいのですが、指導の内容は、僕が今までやってきたことと似ていました。年齢はちがっても、基本は同じなのだなあと思いました。

高校生の声は、やはり小学生と違いました。
身体が大きい分、声量があります。
女子は、大人の声に近いと感じました。

また男子の声が、参考になりました。
うちの合唱団にも声変わりをした6年生の男子がいます。
うまく女子の声と溶け合うような発声をしています。
その男子高校生も女子の声とうまく溶け合ういい声をだしていました。
将来的に、こういうふうに変化成長していくのだなあと思いました。

やはり生の声を聞くのは勉強になります。
声の変化を生で感じられたからです。

そして、大きな学びは、小・中・高と合唱で大切にすべき基本は同じなのだなあということがわかったこと。

 見学をさせていただいたこと、心から感謝です。
 小・中・高の合唱の流れができたらいいなあと感じました。

開脚4週間プログラム第二弾 6日目終了


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

体調管理も練習の一部 [合唱]

  とうとうインフルエンザが入ってきました。
 合唱団の子どもたちのいる学校も、あるクラスが学級閉鎖になりました。合唱団の子も一人、インフルで欠席しました。

 コンテストでは、歌の練習以上に体調管理が、重要になってきます。かつて、一生懸命練習したのにインフルエンザのため、コンテストに出場できないお子さんがいました。
 また、インフルエンザが治り復帰したのはいいけれど、のどが本調子でないお子さんもいました。

 合唱は身一つで挑みます。どれだけ練習したとしても、体調がよくないと、そこでおしまいです。体調管理も練習の一部。それを実感します。

 そう考えると、一流のスポーツマンはすごいです。大会にベストを持っていくために、練習だけでなく、メンタル面や体調面なども、大切にしているからです。

 今日は練習の最後に、こう言いました。

体調管理も練習の一部。

●早寝早起き・うがい・手洗い・マスクなどでの体調管理をすること。
●咳が出る。熱があるなどの症状がある場合、すぐに病院で診てもらってください。(インフルエンでも軽い場合があり、そこからどんどん伝染していきます)
●調子がわるく、病院に診てもらってない場合、練習を欠席していいです。

 法律が変わり、出席停止の期間が長くなりました。来週中にインフルになると出場は難しくなります。
 今まで一生懸命練習してきた子どもたちのためにも、万全を期してあげたいと思っています。

【参考】
インフルエンザの出席停止期間の数え方
 小学生以上の場合
インフルエンザ発症後、学校へ登校可能になるには下記の2つの条件を両方、満たさないといけません。
・解熱後2日が経過していること
・発症後5日が経過していること

発症とは発熱の症状が現れたことを指します。日数の数え方は発熱が始まった日は含まず、翌日からを発症第1日目と考えます。

https://minacolor.com/articles/show/3068

開脚4週間プログラム第二弾 5日目終了


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

iphone6、液晶画面が突然薄暗く、見えなくなった!! [その他]

  iphone6を使っています。
 今日、ポケットから取り出すと、画面が突然薄暗くなっていました。
 かすかに画面が見えるか見えないかの、薄ぼんやりした画面です。
 どこかにぶつけた覚えもないし・・・。とうろたえていた僕です。

 しかし、これがないといろんなことができない生活をしています。
 僕はこれを使っていつも子どもたちの歌声を録音したり、今練習している音楽を聞いていたりしているからです。
 また、使っているアプリは数知れず。
 もう、毎日これを使い倒しています。(いつか特集を組んでみたいくらい)

 急いで修理屋さんに行ってみましたが、そこはつぶれていました。
 僕はこれをフリーSIMで使っているので、ドコモや他の携帯会社に持っていくわけにもいけません。

 そこで、急いで家に帰り、インターネットで検索してみました。

iphone6 画面 薄暗い

どこのサイトでも「修理」という文字が躍ります。

しかし偶然、Appleテクニカルサポートの電話番号を発見!!
0120-277-535
年中無休 平日9時~19時 土日祝祭日9時~17時

 電話をかけてみると、うまくつながりました。
 とてもていねいに対応してくださいました。機種名と製造番号(iphoneの裏にIMEI:3・・・・・・・・・・と15桁の数字)を言うと、向こうの方で僕のiphoneを操作しているようでした。

 そして起動してみると・・・。
なんと元通り、明るくなったではありませんか。

 電話の相手が女の人だったので、まさに女神様のように感じました。
 いろいろ聞いてみると、どうもソフト(ios)の不具合だったようです。
 修理に出す必要がなく、すぐなおり、ラッキーでした。

 液晶画面が突然薄暗くなっても、こういう対処でなおる場合があるんだということをお知らせしたかったこと。また、テクニカルサポートの電話番号の覚書にしたくて記事にしました。

 なくなって初めてわかるありがたさ。
 本当に良かったです。

Apple サポートページ
http://www.apple.com/jp/support/

開脚4週間プログラム第二弾 4日目終了


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

おならが救ってくれました [合唱]

  今日は、人間ドック。
 検査と同時に、ひさびさに身体を休められました。

  夜は合唱練習。
 コンテストまで日がありません。
 真剣さがいつもより増します。

 さて、仕上げの録音というときになって・・・

 ブ~~
(おならの音)

それでも何事もないように歌う子どもたち。

録音をとめ・・・
「ごめんごめん」と謝りました。
なごむ子どもたち。
「今日胃の検査でバリウムを飲んだので、おなかの調子が悪くって。ごめんね。」

思わず素に戻りました。

 あせりもありますが、子どもたちの気持ちも考えていきたい。

緊張と弛緩のある練習。
今日は、緊張・緊張だったかもしれません。
おならが救ってくれました。

開脚4週間プログラム第二弾 3日目終了


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱団を別の視点から見る [合唱]

  外部合唱団、本当に順調なスタートを切ることができました。

 まず雰囲気がいいこと。
 練習場がキープできていること。
 やる気のある団員がたくさんいること。
 レベルがキープできていること。
 保護者の方々の応援があること。
 ピアニストの先生や前校長先生というすばらしい方々に恵まれていること。
 その他、いろいろとあります。

 しかし、今後これがずっと続くとは限りません。
 スタートは良くても、これらがずっと続くかというと疑問です。
 外部になってから、合唱指導や、音楽のことだけでなく、別の視点も必要だということを感じています。
 ある意味、経営者的な感覚も必要だと思います。

 もしかすると上のどれかが欠けてしまうと、存続は危うくなります。
 いや経済的には、現段階でも赤字です。
 独立してやっていたとしたら、アルバイトをやる必要があるでしょう。
 会社だと、倒産です。

 そんな意味で、ずっと存続してる合唱団はすごいなあと思います。
 また、利益をあげている企業はすごいです。

 そんな意味で、再び読んだ「白いネコは何をくれた?」は参考になりました。
 独自の戦略が必要だということです。
 今あるうちだけの独自の強みはなにか、考える機会になりました。


この本はマーケティング戦略をわかりやすく書いた本です。
この本で紹介されているマーケティング戦略は、「BASiCS」というものです。
これは、自分や物を売り込むときの方法を、頭文字で表したものです。
ストーリーに沿って、「BASiCS」の方法が展開していきます。

B:自分はどこで生きていくのか?
A:自分らしさとは何か?
S:自分の強みは何か?
C:自分は誰と共に生きて行きたいのか?
S:今後、どういう生き方をしていきたいのか?

今ある自分らしさをを生かし、強みにしていくことの重要さを感じました。

僕の自分らしさというと・・・
・それは、継続すること。努力すること。そして熱血でしょう。僕にはそれしかありません。

自分の強みはというと・・・
・パソコンが使えること
・教師をしていること(教員免許がある)
・WEB関係ができる。
・動画編集ができる。
・楽しい授業ができる。
・小松市で唯一の児童合唱団であること

自分は誰と共に生きて行きたいのか?
・それは、子どもたちです。未来をになう子どもたちと明るい未来を生きていきていきたい。

今後、どういう生き方をしていきたいのか?
・それは子どもたちが生き生きと幸せにいきていけるお手伝いをしていきたい。音楽を通して幸せな世の中づくりに貢献していきたい。そのことを通して、自分自身も子どもたちとともに成長していきたい。

 この本からは、以下のことを学びました。
 他と競合するのではなく、独自の強みを生かしていくこと。
 デメリットと思えることも、見方を変えるとメリットになること。

 今がいいから、それに安住していてはいけません。
 独自の強みをもっともっと見つけていきたいです。
 それを追求することで、子どもたちがより楽しく感じられる合唱団になるだろうし、より社会にも必要とされる合唱団へと成長できることだと思うからです。

 合唱団のおかげで、いろんな本を読むようになりました。合唱指導や音楽関係だけでなく、リーダー論的なものやスポーツ選手の本、ビジネス関連の本やメンタル関係の本など多岐にわたります。合唱団の継続・発展のためには、いろんな視点が必要だと感じています。

開脚4週間プログラム第二弾 2日目終了


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

開脚4週間プログラム、28日目終了 [幸せに生きる]

 12月18日に開脚4週間プログラムをスタートし、昨日で4週間が終了しました。その結果が以下の写真です。

2017-01-15_11-29-22_000.jpg

毎日、コツコツと以下のブログに書かれたとおりやりました。

https://www.halchim.jp/entry/kinsma/kaikyaku/20161216
しかし、残念ながら、胸をつけるどころか、両肘をつけるので、精いっぱいの状態です。
まあ、これが4週間の結果だからしょうがありません。

しかし、自分的には、大きな成長です。
まず、開脚がかなり広くできるようになったこと。
両肘が着く様になったこと。
これだけでも、知らない人が見たら、やわらかいと言ってくれると思います。

これで終わるかというと・・・。
僕の場合は終わりません。

なぜやめないかって?それは、挑戦することがすきなのです。

今までの自分の経験では、体型や体質が変わるのに3ヶ月かかりました。
たとえば、ウエイトトレーニングでは、3ヶ月で逆三角形への変化が現れました。
ランニングも、3ヶ月で、気持ちのよい体験をしました。

そこで、この開脚4週間プログラム第二弾を今日からスタートします。
僕の予定では、第三弾までやれば、三ヶ月。そこで変化が現れるはずです。

地道にコツコツ。
また、開脚4週間プログラム第二弾、スタートします。

開脚4週間プログラム第二弾 1日目終了


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この雰囲気を伝統にしていきたい [合唱]

  今日、合唱団の練習がありました。
 練習していて、とても気持ちがいいです。
 それは、雰囲気がとても明るいから。

 指導するごとに、反応があります。
 注意されても、明るく反応してくれます。

 そして、今日休み時間には、いろんな学年が一緒になって遊んでいます。
 今日は、はないちもんめをしていました。
 別のところでは、ピアノで遊んでいる子どもたち。
 別の遊びに興じている子どもたち。
 華やいだ子どもたちの声が聞こえます。
 あ~~、幸せな空間だなあと思いました。

 6年生、みんな仲よしです。
 縛りあうような仲良しではなく、本当に仲がいい感じがあります。
 それが伝染しているのかもしれません。

 今、合唱団、いい空気が流れています。
 明るい空気です。

 この雰囲気を伝統にしていきたいです。

 本当にいい時間を過ごしました。

開脚4週間プログラム、28日目終了


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

人は変われば変わるもんだなあ [合唱]

  ちょっと早いですが、音楽の授業で、卒業式の歌の指導を始めました。
 なるべく音楽の時間内に練習して、担任の先生に苦労させたくなかったことと
 歌う目標がはっきりしているからです。

 今の学校では、在校生の歌を1,2,3年生で一曲。4,5年生で一曲歌います。
 僕は、4,5,6年生の音楽を担当していますので、4,5年生の歌と卒業生の歌を指導します。

 4,5年生の歌は、先生方の協議の結果、「この星に生まれて」になりました。この曲は、合唱を始めた頃に夢中になって、クラスで歌っていた曲です。
 教科書バージョンではなく、ちょっと難しめの合唱団バージョンにしました。(ハモル部分が多いのと最後に三部になっているのです)

 この歌の指導がおもしろくてしょうがありません。
 子どもたちは、卒業式に歌うのだと一生懸命音取りをしてくれます。
 目標がはっきりしていると取り組む姿勢が違います。

 また、この曲には、いろんな音楽記号があります。フォルテ・3連符・8分休符など。歌ってばかりではつかれるので、これらの意味とこれらの記号が曲に与える効果を考えながら進んでいきます。これもおもしろい。

 さらに言葉の発音も練習して行きます。
 合唱団ではないので、あまり口があきません。だから言葉もあいまいになります。

 歌詞の中に「つよく」という言葉があります。 
 「ツ」の発音を全員させていきます。すると、「チュ」という発音をする子が必ずいます。(合唱団でもそうです)
 ただしい「ツ」の発音をするには、口の形が大切だといい、見本を見せます。(シェイクを吸うときのような口)
 そして、ふたたび、「ツ」を全員させていくと、正しい口の形にどんどん変わっていきます。
 そういう口形指導もおもしろい。

 合唱団の指導で学んだことが、どんどん音楽の授業で生かせます。

 卒業式の歌の指導。合唱を知るまでは苦痛でした。
 でも、今では楽しくてしょうがありません。
 人は変われば変わるもんだなあと自分ながら思います。

開脚4週間プログラム、27日目終了


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -