So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

今日は、原点に戻りました [合唱]

  昨日は表現中心で、歌全体が小さくなりました。
 今日は、原点に戻りました。
  表現+声です。

 いくら表現がよくなっても(まだまだよくないのですが)声が貧弱では通用しません。
声づくりと並行していかなくてはいけません。具体的には、、必ず外で一回歌うこと

 ひびきのある声ならば、運動場でも遠くへ響きます。そんな声をめざします。
 暑い午後でしたが、外で歌いました。響きをつけるために母音唱で歌いました。
 声が少し戻ったようです。

 ただ、音楽室に戻り言葉で歌うと、また小さくなってしまいました。
 母音唱と言葉を行ったり来たりしました。
 たっぷりした息でひびきがある歌声、これが目標です。

 声ができると、音楽室を飛び出すくらいになります。
 これは昨年度体験しています。
 表現+声。

 しばらく継続していきます。

 今朝、お城を少し書き加えました。今、こんな感じです。歌も、こんな感じだったらいいなあ。

2016-08-22_215430068_5735D_iOS.jpg

ps.今日は上手になったなあと思う子が三人いました。一人一人進む速度はちがいますが、確実に成長しています。


今日から、表現に入りました [合唱]

今日から、表現に入りました。
今までは母音唱中心。声中心できましたが、今日から歌に言葉が入りました。

母音唱ではひびきのある声なのですが、言葉になると、どうしてもひびきが落ちてしまいます。そこで、母音唱⇔言葉を行ったり来たりしました。

言葉でも意識すると、ひびきがキープできます。
しかし意識がとぶと、ひびきはなくなります。
難しいものです。

しかし、言葉にはいると、おもしろいです。
歌に意味が入ってきます。
どんな表現をしたらいいのか、考えるのが楽しいです。
今日の練習では、練習の中でたくさんの笑いが起きました。
本当はこんな時間をたくさん持ちたいのですが、時間がありません。
表現を考えたら、反復練習が必要です。

たくさん修正したつもりでしたが、録音を聞いてみると、思ったほどなおっていません。
繰り返し繰り返しの地道な練習が必要なのでしょう。

 言葉をやったことで、今のお城はこんな感じでしょうか。

2016-08-22_073144352_0D07C_iOS.jpg

 形がクリアになってきました。
 でも、ずっと音楽室で歌っていたので、小さくなってしまったかもしれません。

 この歌のお城は、大きくなったり小さくなったりしてしまうのです。

 今日から午後練習になりました。
 午前中はブラスの練習。そして午後は、合唱。ハードです。
 でも、たくさんの保護者の方が動いてくださっています。

 そんなことを考えると、ポイントを絞り、密度の濃い効果的な練習をしていきたいと思いました。

 夏練、頭と体力勝負です。


みんなでつくるお城、東海北陸ブロック編 [合唱]

 東海北陸ブロックの練習再開時に、新たなお城の絵を書きました。
 さらに大きく壮大なお城のような歌にしたいと思いました。
 でも、不安でいっぱいでした。このお城の絵にもその気持ちが表れています。

IMG_2047.jpg

まずは、声づくり・・・ボリュームアップ・鼻くう、飛んでいく声
 そのために
・体全体を使った声(息)
・口形(笑顔)
・ひびき

 自分のビジョンを信じてやるしかないと思いました。

 今日は、朝早く学校へ行き、お城の絵を描き加えました。
 やっていくうちに、集中し、その世界に入っていきました。
 だんだんおもしろくなってきました。
 一時間で、ここまで描くことができました。

IMG_2060.jpg

 だんだんそれらしくなってきました。
 なんだか不安が少し薄らいできました。

 絵を描いているうちに思ったことがあります。
 これは歌と同じだなあ・・・と。

 とにかく、歌う。
 歌いこんでいくうちに、だんだん不安が少なくなっていくのだろうなあと・・・。
 そして、おもしろくなってくるのだろうなあ・・・と。

 あれこれ不安に思っているくらいなら、練習です。
 とにかく、歌うこと。歌いこむこと。そうすることで、お城の絵のように、いずれ出来上がっていくのだろうなあと思いました。

 絵の世界、キリがありません。やってもやってもやることは見えてきます。
 歌の世界も同じです。
 与えられた時間でどこまでやれるか。これが今年の課題です。

 前よりも壮大で、みんなが幸せを感じるような歌のお城を、子どもたちとともにつくりあげていきたいです。


大切なのは息 [合唱]

 最近、歌を歌う上で一番大切なのは、息だと感じるようになりました。
もちろんその他にも大切な要素はたくさんありますが、息を制する物は、いろんな表現を制することができるのではないかと感じます。

 例えば息があれば、正しい音程をキープできます。
 音が落ちるのを防ぐことができます。
 息の速さを強くすれば、フォルテが表現できます。
 徐々にスピードを上げていけば、クレッシェンドになります。
 息をたっぷり使えば、感情を込めたピアノが表現できます。

 息のスピードにより、響きを自由自在にあやつることができます。おもしろいなあと思います。

 息を操るためには、お腹の筋肉を使う必要があります。だから腹で歌え、と言われるのだと思います。

 声を大きくするのではなく、息のスピードで響きを大きくする。
 それが、合唱での山場の表現方法。
 すると、美しく響きのある山場が表現できます。

 なんだか、最近、今までわからなかったことが、自分の中でつながっていくのを感じます。
 
 合唱指導は、ある意味、科学的でもあります。
 そして芸術でもあります。
 やればやるほど、おもしろくなってきます。
 深い世界です。


今日は夏練3日目。 [合唱]

今日は夏練3日目。

前校長先生が来てくださいました。
声に勢いが出てきたと言ってくださいました。
とてもうれしかったです。

今日も、基本である声をみがく一日でした。

母音唱を中心にいつものメニューを次々とこなしました。

少しずつ少しずつ響きが出てきました。
限られた時間でどこまでやれるか!!
僕たちには時間がありません。ですから、ひたすら集中!集中!
密度の濃い練習を目指しました。

今日は、また某テレビ局の方が取材に来られました。
子どもたちの声が変わった、と言ってくださいました。これもうれしかったです。

あらためて感じたことがあります。
合唱は、ある意味、練習量だなあということです。
努力は裏切らない、という言葉がありますが、合唱はそれに当てはまると思います。
練習したら、その分、よくなっていきます。

しかし他の学校は、もっとたくさんの時間練習していると思います。
そんなことを考えると、僕たちは限られた条件で、どこまでやれるか。
挑戦です!!

今年は、時間がとても大切に思えます。一分一秒が、とても大切なのです。
なぜなら、その時間は、たくさんの方々の協力のおかげで生まれた時間だからです。
そして限られた時間だからです。
その時間を、いかに有効に使うか。
綿密な計画が必要です。
すぐに練習にとりかかれる準備も必要です。
今年は、毎朝遅くても6時に出勤です。
練習計画を立てることから始まり、体育館の窓明け、送迎計画の確認など、やることは山ほどあります。
間のおやつも、サッと食べ終わり、元気が出るものを選んでいます。今日のおやつは、ぶどう糖でした。栄養補給にはなるのですが、本当にサッと溶けてしまい。ものたりないと不評でした。(笑)

 でも、日々充実しています。子どもたちが伸びていくのがうれしいのです。
 9月3日、東海北陸ブロックまで、子どもたちとともに挑戦の日々は続きます。


一歩一歩。地道にコツコツ [合唱]

 今日は、練習二日目。僕自身少しずつエンジンがかかってきました。

 今、大きな目標としているのは、声作り。
 息を使う。そして響きを大きくすること。

 正直、今の段階の声は、浅いです。それを豊かでおおきな響きのあるものにしていかいかないとブロックでは通用しません。

 それは、全国レベルの学校の歌声を聞いていると、わかります。

 今ぼくは、ずっと自由曲の歌声を聞きっぱなしでいます。
 いろんな学校の音源をiphonに入れ、何度も何度も聞き比べています。
 すると、声で決まるなあと、直感で感じるのです。

 最初の第一声で、わかります。ホールでなら、なおさらのことでしょう。
 声なのです。

 細かい修正点は山ほどあります。
 でも、土台となる声がないと途中で聞くのがつらくなります。
 声は、音程も含まれます。

 今日は、響きをつかむために、母音唱中心に行きました。
 最初は、ウだけで歌う。
 次は、イだけ。
 その次は、オ。そしてア、エだけと続きます。

 だんだん声がそろっていくのがわかります。

 時々一人ひとりに、短い発声をさせます。すると、おもしろいことに気づきました。
 初心者の子で、アの発声が、うまくなった子。イの発声の響きが出てきた子。などが少しずつ現れてきました。

 そういう場合は、前と声が少し変わったね。と確認しながら練習して行きました。

 全員で歌う。一人ひとりが歌う。その繰り返しが大切だということがわかりました。
 
 まず母音で響きのある声作り。さらに息を使ってその響きを大きくしていく。
 地道ですが、そんな地道な繰り返しを今やっています。

 そして少しずつ少しずつ、変化が現れてきています。

 練習時間が短いのが、苦しいところですが、それを補うのは、集中力と密度の濃い練習。与えられた条件でやるのみです。
 とにかく行動あるのみ。
 山頂にたどり着くのも、一歩一歩の歩みがひつよう。
 一歩一歩。地道にコツコツです。


今日は、Nコンに向けての練習再開日でした [合唱]

  今日は、Nコンに向けての練習再開日でした。
 昨日まで、のんびりとした日々を送っていたのですが、急にモードが変わりました。
 朝5時過ぎに学校に行ったのですが、通信や送迎一覧表を印刷したり、練習場の準備をしたり・・・と、ギリギリまで準備がかかりました。

 今しばらくの目標は、大きくすること。
 最初に声ありき。とにかく出す!!!
 東海北陸ブロックの会場で大きく響くことが目標です。
 
 今日は、某テレビ局の取材もありました。
 最初はカメラにドキドキしていたのですが、そのうち気にならなくなりました。
 子どもたちもカメラ慣れがしていいでしょう。

 僕自身、すこし休みボケの感があって、気持ちはあるのですが、口がうまくまわりません。そんな中、子どもたち、良く練習についてきてくれました。

 練習では、差し入れがありました。
 練習後はたくさんの方がお迎えに来てくださいました。
 本当に心から感謝です。
 今年は、保護者ともども、みんな一緒に挑戦する感じがします。

 家に帰ると、缶バッジが届いていました。ユニフォームの胸に付け、みんなを一つにするシンボルです。
 お日さまのように、みんなを温かくしあわせにするような歌をつくっていきたいです。

IMG_2050.jpg


明日から、Nコン東海北陸ブロックへの挑戦が始まります [合唱]

  明日から、Nコン東海北陸ブロックへ向けての練習を再開します。
 今日はそのための準備の一日でした。

  まずやったのが、毎日の送迎計画です。
 合同参加ということで、練習参加には親の送迎が条件です。
 事前にアンケートをしたら、たくさんの方の協力の申し出がありました。本当に感謝です。
 今回は、午後練習もあり、大変なご苦労をかけます。
 送りと迎えの送迎計画の一覧表。無事できました。明日、全員に配る予定です。

IMG_2048.jpg

 次に、東海北陸ブロックに向けてのNコンビジョンを立てました。
 いろいろやりたいことは山ほどあるけど、まずは声。前よりも大きく響く明るい声づくりを目指します。

 そして子どもたちに配る通信。

 次に学校に行き、お城の絵を書きました。
 前よりも壮大なお城にしたいです。

IMG_2047.jpg

 最後に、Nコンバス乗車希望のメールを流しました。
 今回は子どもの人数が多い分、引率のお手伝いをしてくださる方という条件をつけて募集しました。何人集まるでしょう。

 本当にたくさんの方々にお世話になりつつ、Nコン東海北陸ブロックへの挑戦が始まります。

 明日からです。


山に行ってきました 2日目 [幸せに生きる]

 翌日、3時50分頃に目が覚めました。
 昨晩は早く寝たので、これでも十分な睡眠時間です。

 ほどなく外に出て歩き始めました。
 あたりは、霧に包まれ、視界もよくありませんでした。

IMG_2001.jpg

  エコーラインを登り室堂へ向かいました。
 ここは良く整備され、僕の大好きなルートです。

IMG_2002.jpg

 歩き始めて約一時間30分。霧の中から突如室堂が現れました。

IMG_2004.jpg

 そこから山頂へ、約一時間で到着。
 山頂の神社で、手を合わせました。
 今までのことを感謝しました。
 すごい雨と風でした。

 ここでも山頂の写真をフェイスブックに送りました。
こんなコメントをつけました。

IMG_2005.jpg

ただいま 白山山頂です。何も見えないけど、僕には太陽が見えます。

  これからもいろんなことがあるだろう。たとえ雨や風で何も見えなくても、太陽を見て生きていきたい。
 そんな思いを込めて書いたコメントです。
 雲の向こうには、必ずお日さまがあるはずです。そんなお日さまの方を常に向いて生きていきたいと思いました。

 その後、観光新道を通って下山しました。少々足に来ますが、ここも人が少なくて、大好きなルートです。

 途中、お花畑が僕を癒してくれました。

IMG_2009.jpg

 バス乗り場のある別当出合に付いたのが、10時20分。
 この日の歩いた時間は、5時間25分でした。

IMG_2011.jpg

 今自宅に戻り、写真を見ながら、この記録を書いています。
 山はいいです。たった二日でしたが、大自然が、僕をリセットしてくれました。
 たまった心の垢が流れたようです。

 いろんなことを考え、感じられた二日間でした。
 さあ、これから現実に戻ります。

PS.家へ帰って仮眠してたら、みんなが練習に遅刻している夢を見ました。なぜか、みんな大きくなっていました。「〇〇高校合格したよ。」と報告する子がいたり、友達同士盛り上がっていたりして、集中してくれません。さあ、どう切り返していこうか・・・と思っているうちに、目が覚めました。リアルな夢だったなあ・・・。


山に行ってきました 1日目 [幸せに生きる]

 これは、1日目の様子です。南竜山荘で記しました。
よく歩きました。タイムをみると、8時間12分も歩いています。

朝、5時30分に家を出ました。
登山口の市ノ瀬に着いたのが6時半。
駐車場は車でいっぱいでした。

IMG_1962.jpg

ぼくは人を見るのがいやだったので、別山の方に向かいました。別山・市ノ瀬道と言います。ここは昨年度も歩きました。長いコースだけど、人とあまり会いません。

IMG_1963.jpg

 今日も誰もいませんでした。一だけの人の山歩きの世界を楽しみました。

  ぼくが山に行くのは、一度リセットするためです。大自然の中、一人の世界に浸るために行くのです。

IMG_1967.jpg

  歩いていると、ぼくはいつもいろんなことを考えていることに気づきました。過去のこと。未来のこと。
  そして、今を感じることをあまりしていないことに気づきました。
  考えると、4月以後、ずっと周りに気を使ってきました。心の奥の自分を大切にしてあげたいと思いました。

IMG_1982.jpg

  長いコースですが、やがて別山の山頂に着きました。当たり前のことですが、一歩一歩歩いていくことで、いずれ山頂につくことがわかりました。どんなに遠くても、一歩一歩の積み重ねなのです。

 ここで山頂の写真をフェイスブックに送りました。山頂は意外と電波が来るのです。

IMG_1986.jpg

こんなコメントをつけました。
ただいま、別山頂上に到着。何も見えないけど、ぼくの心には宇宙が見えています。

心の中はまるで宇宙のように広い。過去そして未来。そんな中に自分がいるんだなあと思って書いたコメントです。

  この山頂から、南竜山荘が、また長いのです。
  しかし、その途中途中で、お花畑や壮大な山の景色が待っていてくれます。

IMG_1992.jpg

IMG_1995.jpg

IMG_1997.jpg

 目的だけ考えると、遠くうんざりします。しかしその途中途中にたくさんの喜びや楽しさが待っています。目的だけ見ていると、それが見えない。今を大切にすることで見えてくる。
 その過程も楽しんでいきたいと思いました。
 また、これも当たり前のことですが、一歩一歩の歩かないと目的地へは着けないというこことも感じました。

  この道中も誰にも会わない山の世界でした。

  4時過ぎ、南竜山荘に着きました。

IMG_1999.jpg

 昨年と同様、思ったほど人はおらず、ゆったりと寝られそうです。

 もうじき5時。夕食の時間です。山の時間は、ぼくにぴったりです。


前の10件 | -